脱・情報弱者~知らなきゃ損することが多過ぎる!?~

脱・情報弱者~知らなきゃ損することが多過ぎる!?~

知っていれば得していていたのに・・・を少しでもなくすための情報紹介サイト(※独自の視点で紹介)

JRE POINTの登録を忘れてませんか?Suicaを持っている人は登録必須!!

f:id:takashin024:20180527001419j:plain
キャッシュレス還元制度にも慣れてきたこの頃、普段使っていたクレジットカードやPayPay、楽天ペイ、LINEペイなどによるスマホ決済も定着化してきたように思われます。

最近は更にFamiPayやau PAY、d払いなども高額還元のキャンペーンが多く見受けられるようになってきたため、スマホ決済はどんどん定着化が進むとともに、スマホ決済業界の生き残りをかけた競争が更に熾烈化してきました。

今後キャッシュレス決済はどのようになっていくのでしょうか。

 

 

キャッシュレス決済の今後

キャッシュレス決済の今後を考える際に忘れてはならないことは、キャッシュレス決済に伴うポイント還元制度は2020年6月には終わりを迎えてしまうということです。

2020年6月以降も、現在のように今後もキッシュレス支払いの流れが続くのか、国や企業がキャッシュレス支払いを維持するために対策を打つのか、はたまた還元がなければ現金払いに戻ってしまうのか、今後の展開に注目が集まることが予想されます。

ただ、とはいえ、キャッシュレス決済のポイント還元制度は終わりまで時間はまだまだあります。還元を受けられるものは漏れなくもらっておきたいものなので、お得な情報は常に収集することが大切になります。

JRE POINT(Suica)の登録は必須

2020年10月にキャッシュレス決済に伴うポイント還元制度が始まった際に、CMや駅などの掲示などによってひときわ注目を集めたのが「JRE POINT」でした。

ここ最近のキャッシュレス決済の注目は、どのキャッシュレス決済がキャンペーンを始めた、どこのお店がキャッシュレス決済を始めたということばかりが注目を集めていたので、当時に比べてJRE POINTのインパクトが薄くなってきた感があります。

今ではキャッシュレス決済に慣れてきている方でも、2020年10月当時のキャッシュレス還元制度が始まったばかりの時には、まだいろいろと疑心暗鬼であった方も少なくなく、JRE POINTの登録を済ませていない方も多くいるのではないでしょうか?

登録のメリットの詳細は他に様々な専門ページがあるので省略しますが、鉄道利用にもポイントがつく、エキナカや駅ビルでSuicaやJREカードで支払いをするとポイントが多く付与されるなどあるので、JRの電車やJRのエキナカや駅ビルを利用する方でまだ登録していない方は必ず登録しておいた方がよいです。

再びJRE POINTに注目が集まる可能性も

上にも記したように、2020年6月以降のキャッシュレス業界の今後の展望は不透明です。もしかしたらキャッシュレス決済は一時のブームで廃れてしまい、従来の現金払いが主流で、クレジット払い・Suicaなどの電子マネー払いに戻ってしまう可能性もあるのではないでしょうか。

そうなった場合、ポイント還元に慣れてしまった以上、ポイント還元についてはメリットがない現金払いに完全に戻ってしまうことは考えにくく、ただ、クレジット払いも手間がかかるので主流にはなりにくいのではないかと考えられます。

現在は、Suicaで支払うメリットが他の手段と比べて大きくないためPayPayなどに押されていますが、今後PayPayなどの還元メリットが薄れてきた際に、Suica決済によるポイントアップやポイント付与の対象店舗拡大などの囲い込みが始まった場合にはSuica決済がまた注目を浴びて主流になる可能性もあるかもしれません。

dポイントが40倍に!?ファミペイ(FamiPay)がお得。

f:id:takashin024:20190320011530j:plain
2020年1月28日(火)よりファミペイとdポイントのお得なキャンペーンが始まります。

ファミリーマートでは、通常税込200円につきdポイントが1ポイント付与されますが、今回のキャンペーンではなんと40倍付与されるとのことです。

 

 

税込200円で40ポイント付与される

200円で40ポイント付与ということは20%付与ということになります。以前にファミリーマートでdポイント連携スタートした際にも20%還元キャンペーンが実施されたためそれとほぼ同様のキャンペーンとなります。

ただ、この12月のキャンペーン時にはdポイントの連携が開始された際のキャンペーンだったこともあり、別途おにぎり1個当たり50ポイント付与されたことから、前回のキャンペーンからはスケールダウンとなります。

しかし、dポイントが付与されるキャンペーンの中では、セブンイレブンやローソンなど他のコンビニよりファミペイ連携の付与率が高くなっていることから、dポイントを貯めている人にとってはとても魅力的なキャンペーンとなっています。

期間は1/28(火)~2/17(月)まで

期間は大体3週間と長く、ポイント付与も期間累計上限が3000ポイントと多いことも魅力的です。

大抵このようなサービスは、1日の付与ポイントや期間の上限ポイントがすぐ上限に達することが最近多く見受けられるようになってきましたが、このサービスは3週間で3000ポイントであることから期間中に15000円使うと満額に達することになります。コンビニで3週間で15000円を使うことはそう簡単ではないので基本的には期間中ずっとキャンペーンのメリットを受けることができます。

エントリーを忘れずに!

このキャンペーンはエントリーが必須なので、利用する可能性がある人は必ず前もってエントリーしておきましょう。

キャンペーンを適用を受けたいのにエントリーし忘れていたことでポイントが戻ってこないことはとてももったいないので、使うか使うかわからない人も今のうちにエントリーだけしておきましょう。

ポイントの付与時期は4月末頃

こういったサービスは利用時期とポイント付与時期に少し間が空くことが多いです。このキャンペーンも1~2月のキャンペーンとはいえ、ポイント付与時期は4月であることは注意しておきましょう。

Yahoo!プレミアムはメリットが多い

f:id:takashin024:20180612214142j:plain
Yahoo!を利用している日本人はかなり多いですが、有料サービスであるYahoo!プレミアムを利用している人となるとどれほどいるのでしょうか。

普段、Yahoo!でニュースを見たり、検索するだけの人が多いため見落としがちですが、Yahoo!プレミアムは実はメリットが多いことを知っておくべきです。

 

 

ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザーは無料で使える!

通常、Yahoo!プレミアムのサービスを利用するためには毎月月額462円(税抜)がかかりますが、ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザーは無料で利用できます。

PayPay利用者でソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザー以外はYahoo!プレミアムに登録すべき

PayPayはソフトバンクとヤフーが関係しているため、ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員に特にメリットが大きいです。

例えば、通常は5%や10%などの還元が10%や15%、20%の還元を受けられたり、くじや抽選などの当選確率も通常は10人に1人(当選確率10%)当選だとしても、Yahoo!プレミアム会員であれば5人に1人(当選確率20%)当選と確率も上がったりします。

PayPay以外のメリットも多い。まずはなんと言ってもYahoo!ショッピング

アマゾンや楽天市場に次ぐECサイトであるYahoo!ショッピングでは、通常のポイント付与率が1%に対して、Yahoo!プレミアム会員の場合は5%付与されます。

毎月12,000円購入があれば通常120ポイント付与のところ600ポイント付与されますので、それだけで元が取れてしまいます。ポイントの他にも返品や破損の「あんしん補償」がつくためこちらも嬉しい特典となります。

また、LOHACOでもあんしん補償はないが、ポイント付与率は同様に通常1%が5%付与となります。

その他にもメリット多数

上記以外もクーポンが使えたり、雑誌・コミックが多く無料で読めたり、Yahoo!トラベルのポイント付与もあったり、プロ野球のパ・リーグ無料視聴、写真や動画などクラウド保存の無制限など紹介しきれないくらいメリットがあります。

デメリットはほとんどなし

デメリットは特にこれといってありませんが、月額500円、年間にすると6000円かかり、アマゾンプライム会員費より高いことくらいです。元を取れる人に取っては何も問題はないでしょう。

今ファミペイに登録する理由

f:id:takashin024:20190320011527j:plain

消費税が10%に上がったとともに始まったキャッシュレス還元制度。この制度の普及とともにキャッシュレス業界の争いも熾烈化してきました。

従来のクレジットカードやSuicaなどの交通系ICカードの他に、PayPayやメルペイ、LINEペイ、楽天ペイ、更には携帯電話業界からもau PAYやd払いなどがあったりとキャッシュレス払いも種類がかなり豊富となってきました。

各社が提供する支払手段は、それぞれサービス自体のメリットがあったり、キャンペーン期間中のメリットがあったりと、その時々でどれが一番有効かが変化するので一概にどれが一番よいかは断言しにくいところではありますが、ファミリマートの利用頻度が高い方はファミペイ(FamiPay)を登録すべきであることは断言できると思います。

 

 

ファミペイのメリット

ファミペイは200円につき1FamiPayボーナスがつきます。

更に、ファミペイはTポイントカード、dポイント、楽天ポイントと連携しているためそれぞれのカードを事前に登録しておけば、決済の都度好きなポイントカードを選択できるため、実質FamiPayボーナスと合わせてポイントの二重取りができます。

ファミペイのキャンペーン(ここが大きなメリット)

またファミペイで支払いを行う場合、常にというわけではありませんが、還元率アップのキャンペーンが開催されます。

2020年1月7日~1月27日開催のTポイント連携サービスでは、期間中にTポイントを連携したファミペイで支払った場合、税込200円以上決済した場合にTポイントが50ポイントが期間中1回付与され、他にも期間中であれば何度でもTポイントが通常の10倍付与されます。

通常はFamiPayボーナス0.5%+Tポイント0.5%=1%ですが、このキャンペーン期間はあわせて5.5%付与ということになります。

過去にもdポイントが20%付与されたり、その上おにぎり1個購入毎に50ポイント付与されたキャンペーンも開催されました。

この3つのポイントカードと連携したキャンペーンは、他のキャッシュレス決済同様、顧客囲い込みが落ち着くまでは続くと予想されます。

コーヒー回数券が購入できる

ファミマカフェについては、コーヒー回数券が購入可能となっており、10杯分の料金で、11杯購入可能となります。

2020年1月14日~1月27日は期間限定のキャンペーン価格で9杯分の料金で11杯分購入可能のようです。

回数券の導入はファミマコーヒー愛飲者にとってはかなり嬉しい内容なのではないでしょうか。

商品の値引きやポイント還元も

その他の商品もファミペイで支払うことで、他の支払い方法と比較して通常料金よりも直接10円以上値引きして購入できる商品や、FamiPayボーナスとして還元される商品も多くあります。

 

デメリットはファミマ以外ではほとんど利用できないこと

デメリットは実質ファミマ以外では利用できないことです。また、クレジットカードと連携はほとんどできないため、チャージが手間という2点くらいかと思います。

ファミマの使用が多い方は導入すべき

チャージ方法が限定されるとはいえ、ポイントキャンペーンやコーヒー回数券はとてもメリットが大きいため、ファミマ常連の方はファミペイを利用しない手はありません。

 

 

 

 

まだまだPayPayはお得。(PayPay導入のメリットと注意点)

f:id:takashin024:20180612214136j:plain

カードレス決済の代表格であるPayPay。

2018年に期間限定で開催された100億円キャンペーンで一気に知名度を上げてからその後も驚きのキャンペーンを多く実施してキャッシュレス業界のトップを邁進しているPayPayですが、今ではどのようなメリットがあるのでしょうか。

現在、まだPayPayを使用していない方が、この多くあるキャッシュレス決済の中でPayPayを導入するメリットがあるのか考えてみます。

PayPay決済だけで1.5%も付与される 

PayPay決済を行うだけで決済金額の1.5%が付与されます。以前までは3%だったとか、上限が7,500円/回、15,000円/回になったとはいえ、他サービスと比較するとかなり高付与率です。

まちかどペイペイは間違いなくお得

2019年12月1日〜2020年3月31日で開催されている「まちかどペイペイ第2弾」は消費者還元事業の5%還元対象店舗で、キャンペーン対象の店舗で行われているキャンペーンです。

このキャンペーンの詳細は、キャッシュレス決済で支払った場合に還元される5%とは別に最大1,000円(決済額が上限)が20回に1回キャッシュバックされるというものです。

詳細は下記URLでご確認ください。

【PayPayキャンペーンページ】

https://paypay.ne.jp/event/meti-20191201/

電気量販店は今後もお得なキャンペーンが続く予感

100億円キャンペーンで特に盛り上がった電気量販店では、度々ポイント還元が行われている。2020年1月時点の直近で言えば、2019年12月16日~2019年12月22日に開催された「家電量販7Days」が記憶に新しく、ビックカメラやヤマダ電機、エディオンなどで10%還元のキャンペーンが実施された。(ソフトバンクまたはワイモバイルユーザーのみ対象)

ビックカメラやヤマダ電機などは家電だけでなく生活雑貨や日用品、おもちゃや酒なども販売しているため、電化製品は購入する機会が少ない人もキャンペーン中は家電量販店で購入するとメリットを受けられます。

 ソフトバンクユーザーとワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員にメリットが偏りがち

運営会社がソフトバンクやヤフーに関係している以上やむを得ないことだが、上記で紹介した1.5%付与とまちかどペイペイ以外の様々なキャンペーンは条件が複雑となっており、ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザー、Yahoo!プレミアム会員であることが条件であったりすることが多いため、注意しておかないと誤った認識によって想定より低い還元率の恐れがあることだけは注意しなければなりません。

上記対象外のユーザーでPayPayのサービス・キャンペーンを余すことなく受けたい方は、この機に機種変更するかYahoo!プレミアム会員の登録を検討してみてもよいかもしれません。

【おつまみにピッタリ!】【無印良品】激安100円で買えるオススメ商品3選

無印良品にはお酒の販売がないためおつまみコーナーやおつまみに合うと紹介している商品はないものの、バリエーション豊富なお菓子の中にはお酒に合う商品がいくつも売られています。

その中でも、スーパーやコンビニなどで販売されているスナック・お菓子に比べたら少し高額なイメージがある無印良品の中で、味だけでなく値段もとても満足できる商品を紹介します。

その中でも前回は税込120円のものに限定しましたが、今回は更に激安の税込100円のものに限定して紹介します。どれも税込100円にも関わらず商品に安っぽさを感じず、無印良品ブランドのイメージを崩すことなく高品質な商品となっています。

 

 

しょうゆ豆菓子

f:id:takashin024:20181229151545j:plain

口に入れた瞬間、醤油と砂糖の甘じょっぱさと海苔の風味がブワッと広がります。

噛んでもカリッと感とサクサクな食感も楽しめ、味も風味も食感も全て完成度が高い仕上がりになっています。

量は一度に食べるには適量で最後まで美味しく頂けます。味の濃いのでお酒にはピッタリです。

小魚&アーモンド

f:id:takashin024:20181229151318j:plain

量は14グラムと多くはありませんが、アーモンドの味は濃く、食感もしっかりと歯ごたえがあります。小魚は少し苦味があるものの、魚の味と風味を充分に感じることができ、ゴマが良いアクセントになって濃い和風の味付けとなっています。

別々に食べてもそれぞれの良さを感じることができて美味しいですが、小魚とアーモンドを同時に食べると、それぞれの風味がマッチして醸し出す香ばしさをより一層感じることができてお酒が更に進むこと間違いなしです。

ごまたらスティック

f:id:takashin024:20181229151326j:plain

ごまの風味がしっかり感じることができ、黒ごまを挟んでいる魚肉シートの鱈も噛めば噛むほど味が出てきて、やみつきになって止まらなくなります。

内容量は16グラムと多くはありませんが、噛む回数が多い分、量もちょうどよく感じます。通常税込100円だと量か質のどちらかに偏りがちですが、この商品はとてもバランスよくコストパフォーマンスが高いです。

量より質

これらの商品の特徴は前回税込120円の商品を紹介した際にも書いた通り、なんといっても「無印良品の高クオリティを保ったまま値段がかなり良心的なこと」にあります。通常、このような豆菓子、小魚とアーモンド、ごまたら系は一般的にこの値段の2倍以上はします。量も比例して増えますが、値段が2倍・3倍する場合、そう簡単には購入はできません。しかし、税込100円であれば購入のハードルはかなり低くなります。

更に、100円出せばもっと色々な商品が買えるかとも思いますが、それらはきっとこれらと比較すると、質より量を重視したもので、人によっては少し濃すぎたり大味になってしまっている商品が大半だと思います。

おつまみはついつい食べ過ぎてしまうことが多くなってしまうため、味も濃すぎずに量を抑えているこの商品くらいがちょうど良いのかもしれません。

おいしいものでも安く済ませたいと思っている方は是非一度試してみてはいかがでしょうか。

【おつまみにピッタリ!】知らなきゃ損するレベル!病みつき間違いなしのオススメ商品3選

おつまみにピッタリで、感動するほど病みつきレベルの美味しい商品を偶然見つけました。

色々調べたところ日経トレンディのご当地ヒット大賞を受賞したり、今は終了しましたが当時人気番組だった「マツコ&有吉の怒り新党」で絶賛されたり、様々なメディアで取り上げられているほど有名のようです。

しかし、コンビニやスーパーなどではあまり見かけないことから誰もが知っている訳ではないようなので、紹介します。

 

 

かっぱえびせんイカ天瀬戸内れもん味ミックス 

f:id:takashin024:20181229151350j:plain

カルビーかっぱえびせんが他社とコラボしていると店頭で知って試しに購入してみようと手にしたのが感動のきっかけでした。

ひとくち口にしてみると、驚くほどにレモンの風味が広がります。

このレモンの強い風味とイカ天の油・塩味がかっぱえびせんを引き立たせ、かっぱえびせんイカ天の強めの味をちょうどよく中和することで相乗効果が生まれ、かっぱえびせん単体以上に「やめられない、とまらない」状態になります。

瀬戸内れもん味イカ天

f:id:takashin024:20181229151936j:plain

上記コラボ商品の単体バージョンです。

まずパッケージを見ると「瀬戸内ブランド認定商品」と記載があり、「さっぱりなのになんだかやみつき きゅんとする、瀬戸内恋の味。」と書いてあります。

大体パッケージなどのうたい文句は大げさに書いてあって食べてみると期待を裏切られることが多いですが、これは見事にその言葉通りでした。さっぱりなのにやみつき、瀬戸内ブランドに相応しいレモンの強い風味と味を楽しむことができます。

瀬戸内すだち味のり天

f:id:takashin024:20181229151929j:plain

瀬戸内れもん味イカ天インパクトが強すぎたため、かなりの期待を持って購入したのですが、こちらもその期待を超える商品でした。

通常のり天は味が濃すぎて途中で飽きたり、数が食べれなかったりしますが、これでもかというくらいのすだちの風味を楽しむことができる上、そのすだちがのり天の油っぽさや味の濃さを中和するなどピッタリマッチしているため口に運ぶ手が止まらず、食べ終わったあとも手を舐めるほどです。

瀬戸内れもん味イカ天の方が有名ですが、この瀬戸内すだち味のり天の方が好きだというファンも多くいるようです。

製造会社は「まるか食品株式会社」

製造会社名は「まるか食品株式会社」です。まるか食品といえばペヤングが思いつきますが、全くの別会社のようです。

ペヤングの会社は群馬県にあるようですが、このイカ天・のり天を製造・販売している会社は広島にあります。

どこで購入できるか

広島が本社の会社のためかなかなか首都圏ではお目にかかれないようなので、手っ取り早いのは通販です。

まるか食品のホームページはもちろん、アマゾンや楽天などにも販売されています。

もし店舗で購入したい場合は、成城石井クイーンズ伊勢丹ヴィレッジヴァンガードなどで購入できるようです。